時事ニュース

2015年10月22日

2015年10月16日 6:55
三井不動産グループが販売した横浜の大型マンションが傾いた問題で、旭化成建材が一部で虚偽データを使って基礎のくい打ちをした。しかも業者が施工不良を認めるまで十カ月かかった。国民を騙す安倍政権の下で、日本の誠実な物作りの基礎が崩れている
はて・・・安倍さんなんか関係あったっけ?

構造計算プログラムの国土交通大臣認定制度
1996年11月7日第2次橋本内閣     
1997年5月〜2001年8月 姉歯元一級建築士偽装
1997年9月11日第2次橋本改造内閣     
1998年7月30日小渕内閣
2000年4月5日第1次森内閣
2001年4月26日小泉内閣
2005年9月21日第3次小泉内閣
2005年10月31日第3次小泉改造内閣
2005年11月17日姉歯構造計算書偽造問題発覚
2005年11月30日パークシティLaLa着工
2005年12月から2006年2月に杭473本

2006年6月建築基準法の改正
2006年9月26日 安倍第一次内閣
2007年6月建築基準法の施行、構造計算プログラムの国土交通相大臣認定制度を廃止
偽装の時期は姉歯とかの耐震偽装問題が起こった時期に重なる。
なんでこんなことになったかというと国土交通相大臣認定制度が悪用されたから。

偽装とか蔓延してたの、橋本内閣や森内閣の頃だから、諸悪の根源ってこの人たちじゃないん?
で、安倍さんの第一次内閣の直前(小泉内閣)で、廃止&法改正が決まり、第一次安倍内閣の下であたらしい制度が施工され、偽装が難しくなったのが事実だ。


自らの信条のために事実と違うこと拡散するとか、教授失格じゃないんすかね・ω・?



blackwingcat at 20:40コメント(0)トラックバック(0) 

2015年10月21日

朝日新聞の『シャワーヘッド水通せば殺菌』が大炎上 「インチキ商品だろ」「殺菌されるはずない」 | ゴゴ通信
シャワーヘッド「水通せば殺菌」 福岡のメーカー開発:朝日新聞デジタル

朝日新聞のデマ記事が炎上してるようです。

さで、ここで一つクイズ。(YESかNOで答えてね)

1. トルマリンの粉末を水にまぜると水素が発生する。
2. トルマリンの粉末を水にまぜると酸素が発生する。
3. 静電気で水を電気分解をすることはできる。
4. トルマリンの粉末を使うと水を電気分解をすることができる。

続きを読む

blackwingcat at 17:30コメント(0)トラックバック(0) 

2015年10月09日

近藤誠医師「法律上、亡くなった方は医師の守秘義務の対象ではなくなります」
(文藝春秋2015年11月号)

これ本当?というわけで調べてみた

医の倫理の基礎知識|医師のみなさまへ|医師のみなさまへ|公益社団法人日本医師会
医師の守秘義務は、後述するとおり法的義務ともなっているが、本来は専門職業(プロフェッショナル)に従事する医師の倫理上の義務であった。古くは、「ヒ ポクラテスの誓い」において、「治療の機会に見聞きしたことや、治療と関係なくても他人の私生活について洩らすべきでないことは、他言してはならないとの 信念をもって、沈黙を守ります。」と述べられている。近年に至って、WMAは、普遍的な医の倫理の一般基準を確立することを目指してきており、その最初の 任務として掲げたのは、ヒポクラテスの誓いを20世紀に合わせて最新のものにすることであった。その成果が1948年に採択されたジュネーブ宣言であり、 宣言の中で守秘義務について、「私は、私への信頼のゆえに知り得た患者の秘密を、たとえその死後においても尊重する。」と述べている。ジュネーブ宣言の述 べる守秘義務は、ヒポクラテスの誓いと同様、絶対的なもので例外を認めないものと解されており、その旨は、1949年にWMAによって採択され、1968 年および1983年に修正された医の国際倫理綱要(International Code of Medical Ethics)にも明記されている。
ようするに、法律上はセーフでお金になるなら、医師の倫理を破っても平気な人ってことですね。

近藤誠医師は 「抗がん剤は効かない 」や、「がん放置療法のすすめ」 などで有名な人ですね。

Apple のスティーブ・ジョブズ氏はこう言った民間療法を信じて、がん治療をせず早死にしたわけですが、
川島さんは余命宣告を受けてそれ以上長く生きたわけですから、どちらが正しいかは言わずもがな
だと思いますが…。

こういう人が医師やってるのはちょっと嫌ですねぇ・ω・


blackwingcat at 19:00コメント(0)トラックバック(0) 

2015年02月01日

安倍首相を海外複数メディアが批判していた証拠を見つけた!

海外では拉致被害者の家族の主張を武装過激派ISISに向けて発信するのを無償で助けているのに対し。
日本ではISISが多額の資金をかけている広報活動をマスコミが無償で国民へ向けて発信し、それを政治批判に利用しています。

ところで、デモをしていた人たちは、『安倍さんの辞任』や『自衛隊の撤廃』や『脱原発』をすればISISが拉致被害者を返してくれるって主張してたんだけど…。

ISIS grand plan: Bribe Putin for Iran’s nuclear secrets — RT News
NuclearEnergy.ir Report: ISIS planning to get its hands on Iran’s nuclear technology - NuclearEnergy.ir

むしろ、核武装の計画をしていたり、原子力を積極利用しようとしてたりするんだよね。


|。・ω・) 。o ( まさか、核技術を、捨てて、ISISに譲ろうとか 狂った主張してるんですかね?  )

ISISの主張を利用して、原発推進したり、コーランを焼いた某国との国交断絶を望んだ人は居なかったけど
イスラム国の主張を利用して、原発の反対や安倍首相辞任や自衛隊の撤廃を向こうがが望んでいるって政府に圧力かける人は居た。

#こういうのって、どっちが正しいかの判断にされる材料になる訳で、普段まじめな見地から脱原発主張してる人が同じ目で見られて、かわいそうだよ。ホント


blackwingcat at 11:49コメント(0)トラックバック(0) 

2015年01月25日

ネットでインフルエンザワクチンは効果がないと言うデマが広まった件
|。・ω・) 2日間で7万人以上に読んでもらった。

まぁ、インフルエンザワクチンを『予防接種』って呼んじゃうのも問題なんだけど。
うちの会社の社長とかも、『なんで全社員に予防接種したのに、感染報告が去年と変わらないんだ』
って怒ってたように、インフルワクチンがほぼ100%防ぐものではなく、感染したときの、症状を和らげたり
感染しても気づかないうちになおしてしまうのが目的ってことが浸透してないのが原因だと思う。

これが、ちゃんと理解されれば、デマに悪用されたりすることもなくなるんじゃないかな?
でも、1994年で集団接種が中止されて、その後流行が激増して、2001年のパンデミック問題で
みんながインフルエンザ接種したせいで、流行が急激に減少したってのは調べて初めて分かったので
いい機会になった。

インフルエンザとワクチンの関係に関する追加資料
こちらはコメントなどの質問をまとめた追加資料



blackwingcat at 15:30コメント(1)トラックバック(0) 

2014年12月01日

【衆院本会議】海江田代表、代表質問で「未来への責任」「人への投資」「格差是正」など民主党の理念を示す - 民主党
『民主党政権は財政規律にも配慮したギリギリの経済運営を行い、競争力強化のための日本再生戦略を推進いたしました。その結果、民主党政権下でGDPは増加に転じ、完全失業率も1.3ポイント改善したのであります。』

「民主党政権でGDPは5%強の成長。安倍政権は1.5%弱に留まる」枝野幹事長が指摘 - 民主党
「菅官房長官は、民主党政権時には(GDPが)3期連続でマイナス成長だったと言い始めたが、民主党政権3年3カ月を通じて5%強の成長をさせた。しかし安倍政権はこの2年間での伸びは1.5%弱に留まっている」

これ、本当?

きになったので調べてみた

seiken
実質GDPは成長しているけど、名目GDPは下がってる。
デフレが進行してじGDP自体は増えてるんだけど、庶民の生活は苦しくなった。
まぁ、これが民主党の成果ですね。

アベノミクスは…というと、カンフル剤として効果的だったのに、民主党の決めた消費税
が冷や水になって落ち込んだってのが実際のところですね。
ただ、デフレは止まったのは確かです・ω・


第93号 『実質と名目、実感に近いのはどっち?』 〜デフレ対策がなぜ必要なのか?〜 ≪ ハッピーリッチ・アカデミー
このあたりのコラムが分かり易いですね・ω・

この間、ずっと物価が下がり続けている「デフレ状態」の日本では、経済規模や
給料が「名目」では増えていなくても、それ以上に「物価下落=デフレ」が進行
しているから「実質」という統計上のデータではどんどん成長しているという場合
がありました。

これをもって、「実質的には成長しているから景気は回復しています!」と言わ
れても・・・
それって実感からいってどうでしょうか?
給料で言えば、給与明細で支給額が実際に増えていないと「景気良くなったね!」
とは普通は実感できないんじゃないでしょうか?



自民党も微妙ではありますが、民主党は日本経済を滅茶苦茶にした張本人なのに、
自分たちの政策で日本経済は成長したなんてことを平気で言う嘘つきってのが感想です ・ω・



blackwingcat at 08:30コメント(4)トラックバック(0) 

2014年04月17日

東京新聞:韓国客船沈没 277人不明 多数船内か 高校生ら6人死亡:国際(TOKYO Web)
旅客船は、韓国北西部の仁川(インチョン)港と、同南西部の済州島(チェジュド)を結ぶ定期船で、六、八二五トンの「セウォル号」。一九九四年四月に日本 で製造され、二〇一二年十月に韓国内に導入。船舶検査後、一三年三月から仁川市の海運会社「清海鎮海運(チョンヘジンヘウン)」が現航路で運航していた。 同社のホームページによると、全長百四十六メートル、幅二十二メートル、定員は九百二十一人。

韓国旅客船沈没:277人不明、修学旅行生ら6人死亡 - 毎日新聞
全長145メートル、幅22メートルで、韓国内で運航中の旅客船では最大規模だという。乗客定員は921人で、180台の車両やコンテナも積載できる。 国土交通省などによると、同船は1994年建造。日本の運航会社「マルエーフェリー」(鹿児島県奄美市) が同県を拠点に運航した後、韓国の会社が取得

沈没した旅客船「セウォル号」日本で運航 - 社会ニュース : nikkansports.com
韓国南西部沖で沈没した旅客船「セウォル号」が、1994年6月から2012年9月まで、鹿児島や沖縄を結ぶ国内定期船「フェリーなみのうえ」として航行していたことが17日、運航会社のマルエーフェリー(鹿児島県奄美市)への取材で分かった。


韓国船の沈没で、日本船が原因みたいな報道がされているので調べてみました。

続きを読む

blackwingcat at 08:00コメント(0)トラックバック(0) 

2013年08月16日

アメリカ人の「食わず嫌い」を'言葉'で直したレストランオーナー | 語学力アップブログ
実は僕はメニュー名をあえてTONSOKUと訳さずに書いていました。アメリカ人のお客さんは必ず、『TONSOKUって、何?』と聞いてきます。そこで僕は、『フランス人がこよなく愛する料理、ピエ・ド・コションです』と答えました。すると当然、『それはどんな料理か』と聞かれる。その時に初めて、『Pig's Feet(ピッグズ・フィート/豚の足)です』と種明かしするんです。そうすると、『うーん、フランス人に人気なら食べてみようか』となる(笑)。もしメニューにPig's Feetと書いてしまっていたら、気持ち悪がられてブームにはならなかったと思うのです。

噂の料理TONSOKUを食べてみたいという人が集まりはじめ、客が客を呼び、あっという間に店は、予約2週間待ちの状態になったのだとか!

ある料理を出した時のことです。気持ち悪いと酷評されたんですが、それは、『Cod roe(タラの卵)』。......博多名物の明太子です。

どうしたらアメリカの人に受け入れてもらえるか、と必死に考えたヒミさん。そして......。

メニュー名を『HAKATA Spicy caviar(博多スパイシーキャビア)』に変えました(笑)。その途端に、飛ぶように売れるようになったのです!
話題になってるこのブログですが

2009年5月の週刊NYの記事が実は初出
週刊NY生活デジタルニュース - info-fresh.com
女性にとって美は永遠のテーマ。女性は何歳になっても綺麗になりたいもの。食べたことによって今日一日の肌を維持できる、80万円のエステ行くより450円の豚足でしょ、ということです。豚足を英語でピッグフィットと言うと、エッという顔をするお客さんがいますが、TONSOKUといえば、別の料理になる。フランス語でピエ・ド・コションと言えば、フランス人が食べているなら美味しいんでしょうとなる。人間って言葉を食べているんでしょうね。博多の明太子だってクラブコッドっていうより、ハカタ・スパイシー・キャビアってつければみんな食べますし。言葉はまさにパワーです

当時こんなブログも
単身NYでゼロからの出発男 |   二代目大家の日々。 - 楽天ブログ
九州人にとって、豚足は珍しいものではありませんが
ニューヨーカーにとって、豚足はゲテモノ!
フランス人は豚足を食べるので、豚足の説明を求められたら
フランス料理での豚足名「ピエ・ド・コション」と答えるそうです。

同様の理由で、ゲテモノとされている食材
明太子は「ジャパニーズ・スパイシー・キャビア」なんだって!
つまり、人は物を食べるのではなく、言葉を食べる…
というのが、オカジマ氏が行きついた結論でした。

懐かしいなぁ・ω・



blackwingcat at 12:30コメント(2)トラックバック(0) 
Arcana Collection
記事検索