2015年10月03日

京都大学名誉教授の錬金術の話

合成に成功したのは、今中忠行・京都大学名誉教授の研究グループです。今中教授によりますと、水と石油を混ぜ合せた物質に炭酸ガスを含ませる手法により、水分が減少し、石油の分量が増えたということです
ABC WEBNEWS|【京都】炭酸ガスと水で効率的に石油を合成と発表

研究チームの説明によるとまず、水の中にナノバブルと呼ばれる、非常に細かい泡状の酸素を送り込み、そこに紫外線を当てます。すると、一酸化炭素と水素が発生し化学反応が起こりやすい状態になります。
関西のニュース | 関西テレビ放送 KTV

H2O + O2 + 紫外線 → H2 + CO !

炭素どこから湧いたんだよw
(炭酸ガスは後で追加してるので関係ないはず)
錬金術かよw

CO2から石油を合成する細菌 | ラフレシアとその仲間たち | 季刊「生命誌」 | JT生命誌研究館



blackwingcat at 18:00コメント(0)トラックバック(0) 
数学・理科 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Arcana Collection
記事検索