2013年07月11日

朝日新聞で捏造とされているアベノミクスのリスク言及ソース見つけた

朝日新聞がまた、ねつ造 - 政府通貨発行権の行使
朝日は、また記事を捏造した。:イザ!

捏造とされてる記事はこれ

朝日新聞デジタル:「アベノミクスが新たなリスク」 IMFが初めて指摘 - 経済・マネー
ブランシャール氏は同日の会見で、世界経済の新たな懸念材料として「中国の金融システム不安や成長の鈍化」「アベノミクス」「米国の量的緩和の縮小による世界金融の不安定化」の順で、言及した。

 IMFはこれまでアベノミクスを支持してきた。リスクだと指摘するのは初めてだ。
ブランシャール氏は、アベノミクスが信頼できる中期的な財政健全化策を伴わなければ、
「投資家が日本の財政の持続性を不安視し、日本国債に高い金利を求めることが心配だ」
と指摘。「そうなると財政運営は困難になり、アベノミクスは難しい状況に追い込まれる」
と述べ、財政再建の取り組みを強く求めた

朝日新聞「アベノミクスが新たなリスク」誤報?=為替王 2013/07/11(木) 08:05:23 [サーチナ]
Q: アベノミクスについて、実際には何と言われたのですか?
A: 正確に言いましょう。IMFの主任エコノミストは今月9日、アベノミクスにより、日本の経済成長率は今まで想定していたよりも高くなると評価し、実際に予想成長率率を上方修正しました。IMFは今までと変わらずアベノミクスを支持し、政策が実行されることを期待しています。


で、海外のソース見つけてきました

IMF raises Japan growth forecast for 2013 | GlobalPost

IMF chief economist Olivier Blanchard told a press conference the impact of "Abenomics has been stronger than expected," referring to the set of monetary, economic and fiscal measures pursued by Prime Minister Shinzo Abe to beat deflation and boost Japan's economy.

But Blanchard also warned, "The risk is that investors will become worried about the sustainability" and high yields of Japanese government bonds unless Abe follows up on his promise to improve the country's debt-ridden finances and promote structural reform.


訳すと
IMFの首席エコノミスト オリビエ ブランシャール氏は、金融、経済、財政上の政策の遂行
を見るにつけて、安倍晋三首相が脱デフレと日本経済の加速のために掲げてる「アベノミクスは予想以上に強力だ」と影響を記者会見で語った。

しかし、ブランシャール氏はまた、安倍首相が、負債に苦しむ国の財政を改善し、構造改革を促進するための信頼できる対策をしない限り  「投資家がアベノミクスが継続する可能性と不安になり日本国債に高金利を求めるリスクがある」だろうと警告した。

朝日のを正しく直してみましょう
 IMFはこれまでアベノミクスを支持してきたがまだリスクもあることを指摘した
ブランシャール氏は、アベノミクスが信頼できる中期的な財政健全化策を伴わなければ、
「投資家が日本の財政の持続性を不安視し、日本国債に高い金利を求めることが心配だ」
と指摘し、財政再建の取り組みを強く求めた


 IMFはこれまでアベノミクスを支持してきた。リスクだと指摘するのは初めてだ。
ブランシャール氏は、アベノミクスが信頼できる中期的な財政健全化策を伴わなければ、
「投資家が日本の財政の持続性を不安視し、日本国債に高い金利を求めることが心配だ」
と指摘。「そうなると財政運営は困難になり、アベノミクスは難しい状況に追い込まれる」
と述べ、財政再建の取り組みを強く求めた
完全に赤いところは朝日新聞の捏造ですね。



blackwingcat at 12:30コメント(0)トラックバック(0) 
時事ニュース 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Arcana Collection
記事検索