2012年03月02日

福島市内で高校生が3人心筋梗塞で亡くなった件の考察

『福島市の高校生が三人、心筋梗塞でなくなっていた』 というツイートが 原発由来のように 回って、居たので考察してみました。

まだ、1年も経ってないのに、福島第一原発の放射能が原因だとしたら、放射能がこれから蓄積されていくので、とんでもないことになります


というわけで計算してみましょう



さて、まず、福島市の高校生の人数を調べてみました

福島市の高校一覧(福島県) - 高校受験ナビ
約 29万人です

政府統計の総合窓口 GL08020103
2008年の15〜19才の死者数は 1621人(10万人中)です
高校生は972人前後

心筋梗塞などの心不全で亡くなってるのは 1.3人(10万人中)
高校生では 0.8人となります

つまり、29万人のうち1年間で毎年2〜3人がなくなっている計算になります

要するに、平常時と有意差は無いってことですね

私も、セシウムが原因で福島県周辺で心筋梗塞が激増すると予測していますが、それは10年くらい先の話|。・ω・)


blackwingcat at 12:00コメント(0)トラックバック(0) 
放射線情報 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Arcana Collection
記事検索