2011年06月15日

東京の水道水の放射能測定のNDに関するデマ情報が流れている件

蛇口からの水道水、降下物に関する「ND(不検出)」の考え方 に関して、デマ情報が流れています。


Twib - 蛇口からの水道水、降下物に関する「ND(不検出)」の考え方

どういうことかというと、雨の日と晴れの日で「不検出」の基準が違っていてずるいという情報です。

では原文をよく見てみましょう
現在の測定状況においては、水道水は測定値が概ね0.2Bq/kg未満の場合に「ND(不検出)」と表示します
また、降下物は、降水の有無等によって影響を受けるため、水道水に比べて測定値や測定誤差の変動が大きくなります。
現在の測定状況においては、測定値が雨の影響が無い場合で概ね3Bq/m2未満、雨の影響がある場合で概ね50Bq/m2未満の場合は「ND(不検出)」と表示します
おそらく雨天時の後半の、50Bq/m2に反応してるのだと思いますが単位をよく見てみましょう 50Bq/m2です。

要するに降下物に関する測定の基準が 50Bq/m2未満で不検出としているというわけです。

水道に含まれる放射能でずるをしてるわけではないのでお間違いなく。

東京都水道局も検査をしていますが、
「水道水の放射能の測定結果」について

こちらを見ると検出限界が2〜10Bq/Kgになっていますね。

というわけで、健康安全研究センターの測定結果がずるをするようになったから、NDになったというのはデマで、ちゃんとこちらの水道の測定値のNDは 0.2Bq/Kg で行っているようです。



blackwingcat at 12:45コメント(1)トラックバック(0) 
時事ニュース | 放射線情報

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 通りすがり   2011年06月15日 14:03
Twitterからきました。
水道水の基準は、3日間の平均値だそうです。
3月頃、日経あたりが記事にしてました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Arcana Collection
記事検索