2011年06月06日

隠蔽されそうになった海洋土汚染

文部科学省のツイッターで、海底の土中の放射能のモニタリンク結果が公開されたのですが…

【放射線モニタリングデータ】福島第一原子力発電所周辺の海域モニタリング結果について、新たに5月3日現在の海底土中の情報を掲載しました。http://bit.ly­/fkWBTk

海域モニタリング結果:文部科学省

当時公開された 5/3のデータが削除されています。
PDFの中身を見ると、『全て不検出となっています』だから、心配いらないように見えますが下に注釈で『本分析における海底土の放射能濃度の検出限界(ヨウ素約0.2 Bq/g、セシウム約0.4 Bq/g)を下回る場合は、不検出と記載。』と書かれています。

つまり、測定結果の単位を見ると Bq/gです。地上での汚染度の測定には Bq/Kg を使っていましたよね?

つまり、セシウムが 400Bq/Kg 未満だった場合は検出されても、不検出と記載していたということになっていたのです。


5/6のデータで5/3に公開されたデータの不検出だったデータが実は 30Bq/kg 程度検出されていたことが明らかになっています。

さすがにクレームがあったようで、修正された経緯があるようですが、単位の粗さに気付く人がいなかったらこのまま不検出で通していた可能性もあると考えると怖いですね。

検出限界が当初の200Bq/Kg から 12 Bq/kg と17倍程度の精度になった根拠も知りたいところです。


blackwingcat at 12:44コメント(1)トラックバック(0) 
時事ニュース 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by D‐MIRROR   2011年06月08日 15:07
 呆れたぁ・・・
「Kg」と、「g」の区別も出来ていない状態で測定したって、ねぇ・・・

 仮に、隠蔽の意図がなかったとしても、こんないい加減なものを信用しろ、と言うのが無理です。

 「Kg」と「g」じゃ、千倍も違うでしょうに!!

 たとえば、税金が千倍になったら?
千分の一になったら?

 やっぱり、連中の頭の中は未だに尺貫法の時代なのだ、
これなら連中が常に現世に合わない頓珍漢なまねをしているのも説明がつく!!

 乱文失礼いたしました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Arcana Collection
記事検索