2015年02月01日

安倍首相を海外複数メディアが批判していた証拠を見つけた!

海外では拉致被害者の家族の主張を武装過激派ISISに向けて発信するのを無償で助けているのに対し。
日本ではISISが多額の資金をかけている広報活動をマスコミが無償で国民へ向けて発信し、それを政治批判に利用しています。

ところで、デモをしていた人たちは、『安倍さんの辞任』や『自衛隊の撤廃』や『脱原発』をすればISISが拉致被害者を返してくれるって主張してたんだけど…。

ISIS grand plan: Bribe Putin for Iran’s nuclear secrets — RT News
NuclearEnergy.ir Report: ISIS planning to get its hands on Iran’s nuclear technology - NuclearEnergy.ir

むしろ、核武装の計画をしていたり、原子力を積極利用しようとしてたりするんだよね。


|。・ω・) 。o ( まさか、核技術を、捨てて、ISISに譲ろうとか 狂った主張してるんですかね?  )

ISISの主張を利用して、原発推進したり、コーランを焼いた某国との国交断絶を望んだ人は居なかったけど
イスラム国の主張を利用して、原発の反対や安倍首相辞任や自衛隊の撤廃を向こうがが望んでいるって政府に圧力かける人は居た。

#こういうのって、どっちが正しいかの判断にされる材料になる訳で、普段まじめな見地から脱原発主張してる人が同じ目で見られて、かわいそうだよ。ホント


blackwingcat at 11:49コメント(0)トラックバック(0) 
時事ニュース 

2015年01月29日

天体の質量 M
光速度 c
万有引力定数G

シュヴァルツシルト半径 rg は、 rg = 2GM /  c2

地球の質量=5.972x1024kg
G=6.674×10-11 N m2 kg-2
光速=2.998×108m/s
2x6.674×10-11x5.972x1024/(2.998×108)2 =8.869[mm]

人の命が地球より重かったら、70億人分の質量だと、シュバルツシルト半径が地球よりおおきくなって重力崩壊してブラックホールになっちゃうよ
2015/1/29 15:48:29
でも、今の世界人口を調べてみると…72億3400万人
シュヴァルツシルト半径=64160kmに!
地球の半径の十倍!

|。・ω・)。o ( もしかすると、我々は、既に事象の地平線の中にいることに気づいていないのかもしれない )



blackwingcat at 16:30コメント(0)トラックバック(0) 
天文関係 

2015年01月25日

ネットでインフルエンザワクチンは効果がないと言うデマが広まった件
|。・ω・) 2日間で7万人以上に読んでもらった。

まぁ、インフルエンザワクチンを『予防接種』って呼んじゃうのも問題なんだけど。
うちの会社の社長とかも、『なんで全社員に予防接種したのに、感染報告が去年と変わらないんだ』
って怒ってたように、インフルワクチンがほぼ100%防ぐものではなく、感染したときの、症状を和らげたり
感染しても気づかないうちになおしてしまうのが目的ってことが浸透してないのが原因だと思う。

これが、ちゃんと理解されれば、デマに悪用されたりすることもなくなるんじゃないかな?
でも、1994年で集団接種が中止されて、その後流行が激増して、2001年のパンデミック問題で
みんながインフルエンザ接種したせいで、流行が急激に減少したってのは調べて初めて分かったので
いい機会になった。

インフルエンザとワクチンの関係に関する追加資料
こちらはコメントなどの質問をまとめた追加資料



blackwingcat at 15:30コメント(1)トラックバック(0) 
時事ニュース 

2014年12月01日

【衆院本会議】海江田代表、代表質問で「未来への責任」「人への投資」「格差是正」など民主党の理念を示す - 民主党
『民主党政権は財政規律にも配慮したギリギリの経済運営を行い、競争力強化のための日本再生戦略を推進いたしました。その結果、民主党政権下でGDPは増加に転じ、完全失業率も1.3ポイント改善したのであります。』

「民主党政権でGDPは5%強の成長。安倍政権は1.5%弱に留まる」枝野幹事長が指摘 - 民主党
「菅官房長官は、民主党政権時には(GDPが)3期連続でマイナス成長だったと言い始めたが、民主党政権3年3カ月を通じて5%強の成長をさせた。しかし安倍政権はこの2年間での伸びは1.5%弱に留まっている」

これ、本当?

きになったので調べてみた

seiken
実質GDPは成長しているけど、名目GDPは下がってる。
デフレが進行してじGDP自体は増えてるんだけど、庶民の生活は苦しくなった。
まぁ、これが民主党の成果ですね。

アベノミクスは…というと、カンフル剤として効果的だったのに、民主党の決めた消費税
が冷や水になって落ち込んだってのが実際のところですね。
ただ、デフレは止まったのは確かです・ω・


第93号 『実質と名目、実感に近いのはどっち?』 〜デフレ対策がなぜ必要なのか?〜 ≪ ハッピーリッチ・アカデミー
このあたりのコラムが分かり易いですね・ω・

この間、ずっと物価が下がり続けている「デフレ状態」の日本では、経済規模や
給料が「名目」では増えていなくても、それ以上に「物価下落=デフレ」が進行
しているから「実質」という統計上のデータではどんどん成長しているという場合
がありました。

これをもって、「実質的には成長しているから景気は回復しています!」と言わ
れても・・・
それって実感からいってどうでしょうか?
給料で言えば、給与明細で支給額が実際に増えていないと「景気良くなったね!」
とは普通は実感できないんじゃないでしょうか?



自民党も微妙ではありますが、民主党は日本経済を滅茶苦茶にした張本人なのに、
自分たちの政策で日本経済は成長したなんてことを平気で言う嘘つきってのが感想です ・ω・



blackwingcat at 08:30コメント(4)トラックバック(0) 
時事ニュース 
Arcana Collection
記事検索